2012年12月16日

HadoopOperationsのメモ9

※以下はHadoopOperationsを読んで自分なりに理解をしたことをかいていますので、
誤りを含んでいることがあります。もちろん、意図することではありません。。。。
本文内の英文はHadoopOperationsの抜粋です。

●第4章 PLANNING A HADOOP CLUSTER

まずは、
CDH=Cloudera's Distribution Including Apache Hadoop
こんな略だったと初めてしった。(というか間違えていた)

CDHは、1年毎にMajorリリース、四半期毎にパッチリリースをしているとのこと。
現在、CDH4だから来年はCDH5になっているわけだ。

その後、Hadoopの各バージョンについての説明がある。
0.20、0.21、0.22、0.23、1.00、2.00、CDH3、CDH4といった感じだ。

どのバージョンを選ぶべきかということについては、
搭載機能の比較表が載せられているのだが、
単純にみるとCDH4が各バージョンの持つ機能全てを網羅していることになっている。
ある意味当然なのだが、他は何かしら欠けている。
決めかねるなら、全部入りのCDH4にしておけば良いという話かもしれない。

一つよく分からないのは、HDFS appendの機能だ。
上の表では、0.20以外はすべてチェックされている。
しかし、その少し前の記述には、
"Append was considered a potentially destabilizing feature and many disagreed on the implementation, so it was relegated to a branch."
とある。
チェックされていたのは、一応搭載されているけれど、
もう開発されていないので、実質使えないという意味合いなのだろうか。
ラベル:Hadoop
posted by Thoughter at 16:33| Comment(0) | TrackBack(0) | Hadoop | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。